読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のつばさ

思いのままに吹く風に乗って、今日はどこに飛んで行こう♪

こもれび

近所にある公園。

朝の光が木々の枝葉の隙間から

零れ落ちてくる。

f:id:hanaaoi:20131120132647j:plain

 

さくさくと、落ち葉の上を歩きながら

懐かしい土の香を鼻先に感じ、ふと、子どもの頃

親しく眺めていた光景を思い出す。

 

隙間時間の、誰もいない公園。

もう少し、太陽が高く昇って気温が上がれば

ひとり、またひとりと人生の先輩たちが、ここにやってくるのであろう。

f:id:hanaaoi:20131120130714j:plain

 

頭上には、初冬の風に吹かれて揺れる

色づいた桜の葉。

f:id:hanaaoi:20131120130241j:plain

 

子どもたちの歓声が響くまで

揺れる馬たちも、しばしの休息の様だ。

f:id:hanaaoi:20131120134651j:plain

やさしく差し込んでくるこもれびを受けて

ふんわりと包まれたような、そんな空間がそこにあった。